楽器がよく壊れる

どこで買ったのかすら忘れてしまった中古のストラトを使っている。

何を弾くときもストラトで弾く。別にストラトに深い思い入れがあるわけではないが、ようするに不便を感じないからずっと使っている。


似たような中古のストラトをもう一本持っていて予備にしている。この予備は色が気に食わないから予備になっている。

ようはどちらもどうでもいい楽器である。しかし、ないと困る。

 

メインで使っているストラトにまた不具合が生じ楽器屋に持っていった。おそらくパーツ交換になるだろう。
すでにもともとギター本体を買った値段よりもメンテナンスでかさんだ費用の方が高くなっていると思う。

 

楽器屋ではあまり注文を言ったり、めんどうくさいことを話さないようにしている。メンテナンス後の確認試奏もやらないか、最小限のチェックしかしない。基本的にギターをやっている人はこだわりや注文が多いだろうから、それに付き合う楽器屋店員の心中を察して、気を使う。

 

私にとってギターというのは「大して好きなわけではないが、ないと困る。」という微妙なものである。