取捨選択の大切さ

取捨選択が大切だ、と思った。

全てを得ることはできない。やりたいけれど諦めなければならないものもある。

本末転倒な未来を回避するには、限られた時間の中でやることを取捨選択するしかない。

 

何かをライフワークとしてやっていると、全てをマスターして完全無欠になりたいという欲に囚われる時がある。

完全無欠のマスターになるには、かなりの時間と労力を費やさねばまず無理だ。そうなると家庭に負担がかかることは間違いない。その結果、代償を払うことになったというような例を多く知っている。

 

つまり、何かを得るには何かを差し出さねばならず、そのバランスこそが大切なのだと行き着く。

完全無欠のマスターを目指すのではなく、取捨選択し、潔く諦める部分が必要になる。

これはライフワークに限らず、仕事や趣味にも言えることかもしれない。

 

『人類の不幸の大半は、ものごとの価値を計り間違えることによってもたらされる。』ベンジャミン・フランクリン

この言葉を思い出す。